デスクワークの疲労からくる腰痛を、1分で回復させるストレッチ法

デスクワーク ストレッチ

長時間のデスクワークを乗り切る方法がわかります!

長時間のデスクワークにより
蓄積された疲労。

この疲労の蓄積が
別名「筋疲労」と言われる
筋肉に負荷が掛かり、
血流不全を起こすことで
腰の筋肉が悲鳴を上げ
「腰痛」と言われる
痛みになる可能性があります。

結果、
その腰痛によって
引き起こされる
二次被害として
仕事の集中力を半減させることと、
仕事の効率を悪くします。

そこでこれからお伝えする
ストレッチ法では、
その疲労を回復させることで
腰痛を緩和させ
長時間のデスクワークをストレスなく
乗り切れる方法をお伝えします。

座ったままできるストレッチ法を紹介します!

通常、ストレッチといえば、
朝起きてする
もしくは、
家に帰ってストレッチするような
イメージを持たれるかと思います。

しかし、私がこれからお伝えする
ストレッチ法では、
座ったままでできる
簡単なストレッチ法なので、
その場でできます。

また、
痛みがあるのにストレッチ?
こう思われる方もいるかもしれませんが、
疲労からくる腰痛だとしたら、
ストレッチをすることで
痛みの緩和が期待できます。

できるだけ
リスクや腰への負担がなく
厳選されたストレッチ法になりますので、
安心して無理のない範囲内で
やってみてください。

ストレッチ効果とは

次にストレッチ効果についてです。
当然効果としては個人差がありますが、
効果については3つの効果が期待できます。

(1)疲労感、腰痛に悩まされなくなる
(2)カラダがリフレッシュされ仕事に集中できる
(3)脳もリセットされ、アイデアが浮かんでくる

この3つを解説していきます。

(1)疲労感、腰痛に悩まされなくなる
座り姿勢で長時間同じ姿勢、
悪い姿勢でいると、
体重が掛かっている部位に
重い負荷がかかります。

体重がかかりやすい部位と言えば・・・

例えば、
お尻周り、太もも
確実に体重が乗って
負担がかかりやすい部位です。

また、
背中や腰を丸めた
悪い姿勢で入れば、
腰や背中、
頭の重みで首にも
負担が掛かってきます。

ですから、
疲労感からくる腰痛の場合、

お尻周り、太もも、腰、背中、首
こういったわかりやすい部位
痛みを生じたり
する可能性が非常に高いです。

(2)カラダがリフレッシュされ仕事に集中できる
次に、
疲労を感じた時、
その場でストレッチをすることで、
カラダの可動域(動ける範囲)が広がって、
カラダは軽くなります。

カラダが軽くなったと感じれると、
動きやすい状態(アクティブ)になります。

これがリフレッシュされた感覚なのですが、
もう少しわかりやすく言うと、
新しい気持ちや
晴れやかな気持ち
といった清々しい気持ち
そしてこの気持ちというものが結果として、

(3)脳もリセットされ、アイデアが浮かんでくる
と言うことです。
脳のリセットとは、
グチャグチャになっている頭の中が
スッと、整理されると言うことで、

頭の中が整理されることは、
頭の中にゆとりやキャパができて、
その結果として
新しいアイデアが浮かんでくる
といった可能性が出てきます。

ストレッチはいつすればいいのか

ストレッチのタイミングは
どのタイミングが
望ましいのか・・・

理想のタイミングとしては、
午前中が望ましいです。

理由としては、
デスクワークの疲れは、
長時間同じ姿勢をとり続けることで
起こります。

ですから、
長時間のデスクワークに備え
疲れを溜めないために、
午前中からのストレッチが
オススメです。

ストレッチを続けるためのコツ

ストレッチ・・・
やらないといけないけど、
中々一歩が踏み出せない。

わかっているけど、
忙しいから・・・

などなど、
実はストレッチを続けるためには
コツがあります。

それが「習慣化」です。

この習慣化と言うのが
まず1つ目のハードルになります。

ストレッチを習慣化するには、
この2つがポイントあります。

1)こまめに動かすこと
2)長時間同じ姿勢でいないこと

この2つについて解説していきます。

1)こまめに動かすこと
こまめに動かすというのは
・少し目線を高くしたり、
・肩を回したり、
・手を腰に当てて背筋を伸ばしたり
といった座りながらも定期的に
こまめに動かしてみること。

できることなら、
リズムやパターンを決めて
こまめに色々な方向へ
動いた方がいいと思います。

2)長時間同じ姿勢でいないこと
こまめに動かすというのとは違い、
・一時間に一回立つリズムを作る
・立ち上がって背伸び、しゃがむ
このように席から離れた行動を
してみることです。

一番オススメなのは、
こまめに動かすことと、
長時間同じ姿勢でいないこと
この2つを組み合わせてみること。

実はこれだけでも、疲労を溜めず、
腰痛のリスクは軽減できます。

デスクワークで10年以上も腰痛で苦しんでいる方へ

東新宿ソフィア整骨院では、
デスクワークで10年以上も腰痛で
苦しんでいる人が数多く来院しております。

来院されている患者様の多くは、
デスクワークで
腰痛に悩まされても、
朝から絶好調な生活に戻れます!

今後も腰痛になり得る問題や、
解決策を
お伝えしたいと思いますので
わからないことや、
腰痛でお悩みの方は
電話、メール、lineで
お気軽にご相談下さい。

東新宿ソフィア整骨院
院長 唐澤 秀幸

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼