反ると腰が痛い理由と改善法

反り腰で腰痛

後ろに反ると腰が痛いのはなぜか

まずは痛い理由を考えてみましょう。

痛い理由が分かれば
痛い動きをしなくなるし、
予防だけでなく
腰に今、痛みがあっても
多少の痛み程度なら
自分でケアできるようにもなります。

痛みの原因を知ることは
改善出来る近道です。
ですから
その原因を一緒に考えていきましょう。

後ろに反ると痛い理由それは!

①元々腰が反れている(反り腰)
②反る動き方に問題がある

この2つのパターンがあります。

①もともと腰が反れている(反り腰)
もともと腰が反れているというパターンが
まず第一に考えられます。

自分の腰が反れているかどうか
簡単にわかる方法について解説します。

仰向け(天井を見る姿勢)に寝ます。
その際に
腰が浮いているかどうかです。

お尻の大きさなどで若干
腰はより浮きやすくなりますが、
重力の関係で
腰の筋肉は脱力しているはずです。

ですから
脱力しているということは、
腰は下の床につきやすい状態です。

ですが、
腰に手を入れてみて
あまりにもスカスカな
隙間が空いていると
腰が反れているといった。
反り腰傾向にあるということです。

もう一つ
ダブルチェックをしてみましょう。
理由としては、
ダブルチェックをすることで、
より検査に信憑性が上がります。

壁に踵、お尻、背中、頭を
付けて
胸を少し張り、アゴを引く
その姿勢のまま
腰に手を当てて
見てください。

そのときに、
壁と腰の間に隙間があり過ぎる状態だと
反り腰傾向にあるということです。

理想は、手のひら一枚入るくらいが望ましいです。

ダブルチェックをしてみて、
両方に該当する場合は、
そもそも腰が反れていて
腰に負担がかかりやすい状態である
という可能性が相当高くなります。

ですので、
普段から反り腰の場合
普段から反らないような姿勢
変えていくことをオススメします。

②反る動き方に問題がある
次に反る動き方についてですが、
自分の動きというものは自分で
わからないので
動画で動きを撮影するか、
もしくは
人に動きを見てもらうかということが
必要です。

反る動きに問題があるケースですが、
腰から反りすぎている
という反り方をしている人が
腰痛になりやすいです。

チェック法ですが、
反ったときに腰の部分に
服のシワが寄るかどうか
見ればわかります。

もし可能であれば
腰の部分の肌が見えた方
良いです。
腰の部分に皮膚のタワミ(シワ
あるようであれば
そこに相当負担がかかっている
腰の動き方をしている
という事です。

これもダブルチェックしてみましょう。
反ったときにカラダ全体を見る。
全体を見たときに、
どこが一番反れているのか
観察してみる。

頭から大きく反っているのか
膝から大きく反っているのか
もしくは腰から大きく反っているのか

腰からの反りがとても大きい場合は、
腰に負担をかけている動きと言えます。

反っても痛くならない方法はこちらです!

これで後ろに反ると腰が痛いのはなぜか
わかって頂けたと思います。

そこで具体的にまとめると
①もともと反り腰だから反ると痛い
②腰に負担をかける反り方をしている

この2つがあります。
この2つを改善させる事で、
結果、反っても痛みは
出にくくなりますから
実践してみて下さい。

①もともと反り腰だから反ると痛い
自分がもともと反り腰であるかのチェック法は、
上記に書きましたので当てはまる方は
実践してみて下さい。

もともと反り腰の場合、
腰の下に位置する骨盤の動きが無い
可能性があります。

ですので、
骨盤をイメージしながら
・骨盤を前に傾ける動き
・骨盤を後ろに傾ける動き
このようなエクササイズを実践して
まずは骨盤の動きをつけていきます。

難しい場合はこちらの動画
参考にして実践してみて下さい。

実践する事で骨盤に動きが出てきます。
骨盤の動きと腰の動きは連動して
動くものなので骨盤が動くと
腰も合わせて動きます。

反って動かなくなっている腰も、
骨盤の動きを引き出すことで
結果、腰も動きますので
腰自体反りにくくすることも
可能と言えます。

もし、
それでも骨盤の動き自体が
難しいと感じる場合は
当院までメールやお電話、lineにて
お気軽にお問い合わせ下さい。

②腰に負担をかける反り方をしている
次に腰に負担をかける反り方ですが、
反る動作をする時に、
腰だけで反るのではなく、
膝も使って反ってみましょう。

膝も使って反るとは、
膝を少し曲げて反るようにしてみて下さい。
それだけでも腰の負担は軽減される事でしょう。

次に、
頭部も使いましょう。
目線を少し上に向け、
顎も少し上に上げます。

その状態のまま反ってみて下さい。
この動作も腰の反る負担を軽減してくれます。

このように
カラダを反る上で
膝を使ったり、
頭部や目線を上手く使う事で
反り方そのものの動きを
変えることが可能です。

動き方が変われば、当然
腰への負担は軽減されるはずです。

ぜひ、実践してみて下さい。
反り腰に関して
もう少し詳しく知りたい方は、
動画でもわかりやすく解説しておりますので
ご覧ください。

デスクワークで10年以上も腰痛で苦しんでいる方へ

東新宿ソフィア整骨院では、
デスクワークで10年以上も腰痛で
苦しんでいる人が数多く来院しております。

来院されている患者様の多くは、
デスクワークで
腰痛に悩まされても、
朝から絶好調な生活に戻れます!

今後も腰痛になり得る問題や、
解決策を
お伝えしたいと思いますので
わからないことや、
腰痛でお悩みの方は
電話、メール、lineで
お気軽にご相談下さい。

東新宿ソフィア整骨院
院長 唐澤 秀幸

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼