足を組むと腰痛になるのか

足を組んでいるのを直したい

デスクワークの腰痛改善専門家 唐澤秀幸です

こんにちは
デスクワークの腰痛改善専門家 唐澤秀幸です。
私は東新宿ソフィア整骨院にて
院長をしております。

当院では、
デスクワークで10年以上も腰痛で
苦しんでいる人が数多く来院しております。

デスクワークで腰痛に苦しんでいる方々へ
腰痛改善のためのためになる情報を発信させて
いただきます。

足を組むのがクセで直したくて困っている

足を組むと腰痛原因になる
だから組むクセを直したい。

こうおっしゃられる患者様
実は当院では多いです。

実際に足を組むことで、
どのような腰痛になるのか

どの腰痛になるのかがわかることで
どう対処すればいいかもわかりますので
考えてみましょう。

話を戻して
足を組むクセを直すには、
「意識する」
それはわかっているけど出来ません。

こういう話になるんです。
そこで何故意識出来ないのか
ココを考えることってとても大切なんですよね。

意識するって言っても
何故、足を組んだらいけないのか
そこを掘り下げないから意識するにしても
浅い意識になるんです。

と、なると
意識を高める方法の手段として
挙げられるのが、
足を組むことで
どのような骨盤や腰の筋肉に負担をかけ、
結果、腰痛になってしまうのか
そこを知れば、
いつも以上に、気をつけようという
「意識」は確実に高まるはずです。

足を組むとどのように体が歪むのか

次に足を組むとどう歪むのか
考えてみましょう。

足を組むとどちらのお尻に体重がかかるか
チェックしてみてください。

その時点で、お尻の奥にある骨盤は傾きます。
で、骨盤の傾きは腰の筋肉や肩の傾き
最後に頭の傾きまで連鎖します。

もう少しわかりやすく説明してみましょう。
右のお尻に体重をかけてみます。
すると、
反対のお尻(骨盤)は浮きますよね。

その傾きを補うために、
右のウエスト周りの筋肉は引き伸ばされ
左のウエスト周りの筋肉は縮みます。

ウエスト周りの筋肉には、
実は腰に関わる筋肉があるんです。
となると、
足の組み方で腰痛になるという可能性
非常に高いというお話になります。

少しくらいなら、人間適応力がございますので
大丈夫なのですが、ずっとその姿勢を撮り続けていれば
腰痛のリスクは増えていくということです。

ここまでイメージが湧くことができて
やめようという気持ちが高まるはずです。

もしどうしても組んでしまう腰痛のあなたへ

腰痛のステップ
①足を組むと足の支えが不安定になる

②足の不安定が、お尻のどちらかに体重がかかる

③お尻のどちらかに体重がかかると左右のウエストが
伸び、縮みの歪みを生む

④ウエストの伸び縮みは結果、腰の筋肉に負担をかける

これを意識しても足を組んでしまうあなたへ
片手をバンザイして、
バンザイの反対に体を傾けてみて下さい。
15秒から30秒
左右やります。

ウエストは伸び田と思います。
ウエストをストレッチしてあげることで、
足を組んだ分はリセットされるはずです。
ぜひやってみて下さい。
座っているときに負担をかけている
土台である骨盤を理解する動画も合わせて
ご覧ください。

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼