仕事に集中すると姿勢が意識できない場合の対応策

仕事に集中して姿勢が意識できない

デスクワークの腰痛改善専門家 唐澤秀幸です

こんにちは
デスクワークの腰痛改善専門家 唐澤秀幸です。
私は東新宿ソフィア整骨院にて
院長をしております。

当院では、
デスクワークで10年以上も腰痛で
苦しんでいる人が数多く来院しております。

デスクワークで腰痛に苦しんでいる方々へ
腰痛改善のためのためになる情報を発信させて
いただきます。

集中しすぎの人は・・・

私もついつい集中しすぎると
周りが見えなくなってしまう
傾向にありますが、

しかし、
逆のパターンが多いです。
つまり集中できなくて誘惑に負けやすく
集中できる人が羨ましくも感じます。

さて、
集中しすぎて周りが見えない・・・
といったお話を、ネット検索で
色々調べてみますと、
「発達障害」とか多数出てきます。

うーん。
とても両極端ですね。
私は、集中し過ぎるくらい
し過ぎたいのにね。それを障害だなんて
言われたら腹立ちます。

集中を超えた「過集中」
もう少し深く調べると「過集中」という
ワードが出てきました。

定義はあるようでないようですが、
ようは没頭を超えた
心身に影響を及ぼすくらいの
集中状態のようです。

ここまでの状態なら、
姿勢を意識して・・・
なんてことは難しいと思いますが、
しかし、対策がないわけではありません。

集中時でも姿勢を意識するコツ

例えば、
ある時間になったらアラームを鳴らす。
アラームが鳴らせない場合は、
バイブレーションでもいいと思います。

できたら
1時間に一回鳴らすことを
オススメします。

このように、
何か自分の中で姿勢改善に務める
設定を設けて実施すること。
当然、
忙しい時には実施できないかと思いますが、
ぜひ、やってみてくださいね。

正しい姿勢が長時間できないことも理解すること

これを知らない人がとても多いです。
正しい姿勢ができないから腰痛になる
でも、その正しい姿勢・・・
わかっているけど出来ない。。。

何故か?

正しい姿勢をやってみればわかりますが

疲れる

そうです。
正しい姿勢が疲れない人なんていないのです。
疲れるんです。

では、どうすればいいか

正しい姿勢は
体をリセットして、
腰の負担を軽減させる体操だと思って実施すること

つまり、
1時間に一回でいいので、
正しい姿勢を体の歪みをリセットするという
目的で実施してみる
このように正しい姿勢の発想を変えてみましょう。
そうすれば、正しい姿勢を前よりも少しは
「やってみよう」とか、「少しならできるかも」
このように考え方が変わってくるはずです。

まとめ

①仕事に集中して正しい姿勢が出来ない人は、
 アラームやバイブレーションで1時間設定をして
 正しい姿勢の時間を一瞬でいいので作ること

②正しい姿勢は疲れるものである
 だからこそ、正しい姿勢を体の歪みリセット体操
 という意識をして実践してみる

ちなみに私も正しい姿勢は、
頑張って30分くらいが限界です。

だから、定期的に実施する癖を作る
これが大切です。

長時間座っていても
疲れない、腰痛になりにくい
コツの動画を作りました。
宜しければご覧ください。

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼