寝不足→肥満→膝痛

寝不足が肥満?

5人に1人は不眠症と言われている日本人
2013年には3人に1人という
データもあるそうです。

で、
睡眠薬の使用は20人に1人・・・
とても怖いデータですよね。

日本は世界最低の短い睡眠を誇る?
そうですから不眠症で悩ませれている
方が多いのも当然といえば当然です。

さて、
睡眠不足が肥満を招く???

これは本当にそうか?
ラットの実験によりデータがあるようなので
ご紹介します。

ラットに対して睡眠時間を4時間に制限した結果
・食欲抑制(レプチン)が18%低下
・空腹感(グレリン)が28%上昇

このような結果が出たそうです。
つまり
食欲が抑えられない理由の一つは・・・

睡眠不足

という可能性があります。

肥満が膝痛???

さて、次に肥満が膝痛?
これはどうでしょうか?

否定される先生も沢山いるかと思います。
私は一部肯定派です。

もちろん、体重の重みが膝へ。。。
これも考えられますよね。
もし過去、膝に大きな怪我をしてたとしましょう。
だとしたら、負担としてかかるリスクはあるでしょう。

それと、もう一つ。
肥満だと、脂肪による運動制限
これもあるかと思います。
脂肪自体が動きの邪魔をして
可動域を制限し、膝自体へ大きな負荷を
かけている可能性です。

肥満を解消しないと膝痛は治らない?

もし、肥満を解消しないと膝痛が治らない・・・
そうだとしたら絶望的ですよね・・・

だって急には痩せられません。
お医者さんはサラッと言うかもしれません。
で、言われた本人は
「仕方ない」
これでは解決できませんよね。

そこで、私が提案している方法を
ご紹介します。

まず、睡眠の見直しです。
もし
睡眠不足 → 肥満 → 膝痛
このループなら睡眠不足解消から
始めること・・・

これが根本治療ではないでしょうか?

さらに、
寝不足が原因でなかったとしても
安心してください。

膝への負担を軽減させるために
足や股関節にアプローチして
機能を向上させてあげると
膝の負担が軽減し、結果膝は
ラクになっていきます。

痛み止めで膝の痛みを止めても
痛みは治るかもしれませんが、
寝不足は改善されません。
膝の負担はそのままですから
再発するのは間違い無いです。

ぜひ、自分の体を見つめること・・・
心がけてみてください。

本当に痛い原因
不調の原因
それは自分の中の生活習慣に
きっとヒントがあるはずです。

そこを突き止めるには・・・
自分の生活を見直すこと
これが何より大切なのです。

食事、運動、休息

当たり前のことだけど、
このバランスが大切ではないでしょうか?

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼