ギックリ腰の犯人特定と、逮捕による痛みの消失

患者様のお悩み

「ピキッ!」
「急に腰が痛くて動けなくなりました。。。」

一番に疑われるのは・・・
ギックリ腰ですよね。

で、
ギックリ腰なのですが、
犯人はなに???
っていうことです。

犯人を分からずに
とりあえず痛み止め飲んでみる。

飲んでみると、、、
昔は治ったけど、今回は全然効かない。

こういうパターン
非常に多いんですよね。
なぜだと思いますか?

なぜ痛くなったのか?

痛みをSOSのサインだとしましょう。
そのサインは異常のサイン。

その異常のサインを痛み止めで止めてみる。

それはまるで臭いものにフタをするということ。

フタをすれば、ニオイは消えます。
でも、ニオイは残っている訳です。

つまり、
ニオイに当たる
カラダの異常は治っている訳ではなく
放置している状態だということです。

どうです?
なんとなくわかります?
これが対処療法ということです。

どうしたら良い?ポイントは?

さて、
どうしたら良いか・・・
まずは何が問題か犯人特定と、特定の共有です。

まず、犯人を探す上で重要なポイントは
・日常生活動作の癖
・普段の姿勢

この二つに集約されてきます。
もしかしたら、食事バランス、メンタルという
部分にも目を向ける必要もありますが
真っ先に考えられることからフォーカスしてみます。

本日の患者様の動きや姿勢をチェックしてみると、
「深部感覚の反応が弱い」ということがわかりました。

深部感覚???

深部感覚とは、
関節、筋肉等の動きの感覚と言われるものです。

簡単に言えば、
筋肉が硬いだけの問題ではないので
モミモミ整体では改善されません。
ということです。

揉んで改善されるなら
私もモミモミ整体しかきっとやりません。

人間のカラダって、
そんな簡単なモノではないんですよね〜

そもそも、
リラクゼーションと、症状を緩和するアプローチは
似ているようで、実は全然違うのです。
どう違うかと言えば、術者である先生が
何を考え、見立て、調整するか・・・
そこには、
もしかしたら資格や免許といったものが薄れるケースもありえます。
なぜなら、医療系国家資格を持ちながらも、その力を発揮できず、
モミモミ整体の道へ行ってしまっている
先生達を多数見ていますから・・・

ギックリ腰・・・
モミモミでは改善されるどころか悪化します。
なぜか???
その理由は、痛みあるところには炎症が潜んでいる
可能性が非常に高いから・・・

アイシングと、テーピングをベースに
痛みのないところを調整し、
最短でラクになるように
全力でアプローチさせていただきますので
ご相談ください。

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼