呼吸

ピンポイント痛!首の付け根が痛いのは・・・呼吸が問題だったお話

患者様のお悩み

「先生!」
「昨日から首の付け根の辺りが痛くて・・・」

「理由はもしかして・・・」
「子供と寝てる時に寝返りを打てない状態が続いていたから?」

こんなお悩みと、問題点をお話しを頂きました。
まず動きの検査を見てみると、
上は向けない、下も、横も向けません。

必ず認識の共有からスタートです。

痛い部位をチェックしてみると、
ピンポイントで痛いという話です。
ピンポイントの痛みというのは、
放散的な痛みに対してハッキリしているので、
スッと痛みが消える臨床例が実はいくつもあります。

逆に放散痛は、
少しづつ1つのポイントに痛みが絞られてきます。
そして、調整していく過程の中で痛みが和らいでいきます。

首の付け根の痛みは非常に辛いですよね、、、
だって、寝返りも打てない
振り向けない
下も向けない
とても辛いです。
ご来院いただいた患者様は、
昨日の今日で、すぐに来院されたので良かったですが、
長引く痛みは辛いですから早めの来院をお勧めします。

なぜそうなるのか?

副鼻腔炎もある患者様でしたので、
真っ先に思ったのは呼吸です。

えっ!
呼吸?って思いましたか?

呼吸に行き着いたのは結果であり
そこまで行き着くまではプロセスがあります。

問診を取っていく中で、
睡眠のお話になりました。
睡眠は案の定取れていない。

睡眠の浅さは体の回復力を低下させます。
回復力の低下は、疲労の蓄積に繋がります。

それと姿勢
これを考えて見ます。
明らかに顔の位置が前にいっています。
顔が前に行けばいくほど・・・
首や肩に掛かる負担がとても大きくなります。
それも痛くなった要因かなと推測しました。

ですので、
正しい呼吸の習得と、姿勢の調整が大切です。

どうしたら良い?ポイントは?

正しい呼吸とは何か?
なんだと思います?
腹式呼吸?胸式呼吸?
それともロングブレス呼吸?

ヨガの先生なら、腹式呼吸というかもしれません。
ピラティスの先生なら、胸式呼吸というかもしれません。

実は両方必要です。
だから両方できるんですよ。

腹式呼吸は、気持ちを落ち着けたい時必要ですよね。
胸式呼吸は、呼吸を早く取り入れたい時必要ですよね。

まだありますが、このように両方必要なんですよ。
腹式呼吸・胸式呼吸共にしっかりできるか?
まずはこの呼吸法の習得が大切です。

ちなみに、両方を合わせた呼吸できますか?
息を吸った時、胸とお腹同時に膨らませることができるか?
息を吐いた時、胸とお腹同時に凹ませることができるか?
まずはこれをトライして見てください。

正しい呼吸のヒントはこちらから・・・

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼