なぜ?冷えが膝の痛みに関係してる理由と解決法

患者様のお悩み

「先生!外を走っていて」
「膝が急に痛くなりました」
「これって、走り方が問題ですか???」
「それとも、体重かな?」

30代男性で膨よかな方です。

まずは、言われたことを
素直に受け入れます。
まずどのポイントがどう痛いのかのチェック!

痛いポイントは、膝の外側
歩き方を見ると、足が床に着いた時痛い

こんな感じで、痛みの犯人を特定していきます。
ここで大切なことがあります。。。。

歩いていても痛い・・・
ようは、走っていて痛いんだけど
歩いても痛いということはですよ
歩き方の方にも問題ありそうですよね。

歩っている時の痛みと、
走っている時の痛み
これは厳密的に言えば動き方が違いますから
治療していくポイントは変わりますが、
どちらを優先させて改善させていくかと
考えたら、まずは歩き方から調整していくべきです。

なぜかというと、
歩きの方が走るに比べて運動強度が低い。
運動強度が低い痛みから取っていくほうが、
患者様目線、治療家目線で言えば安全です。

痛いのに、走らせてビフォーアフターさせるのは
危険ということです。

なぜ痛くなったのか?

続いてなぜ、痛くなったのか?
実はなぜ痛くなったのかということを
医者はチェックしません。
チェックしたとしても・・・
レントゲン?肌質?こんな感じで終わるでしょう。

当院では、
動きの検査、立っている時の膝の状態
歩っているときや、関連する痛みの部位を
チェックなどなど、やります。

検査ってめんどくさい
嫌だと思う人多いのですが、検査無くして
その人の体の状態ってわからないんですよ。
むしろ、検査をしない治療院があったとしたら
それで治療はできません。

あれこれチェックしていくうちに膝周りの
熱感を調べました・・・冷たい・・・

冷え性だそうです!

もしかして冷え性が原因?

冷え性が膝の痛みになるかどうか
これは本当にそこが問題かと言ったら
エビテンスとしては確立されてないかも
知れません。

でもですね。
エビテンスしてどうこう議論して
決定されるまでは10年かかるやも知れません。
そんなことやってたら・・・
まずはできることからやりましょう。

当院では、ホットパックという
温める鉱石が入ったモノで、深部熱を
高める物を使用します。

因みにホットパックはピンキリで
巷でありますけど、当院の使ってる
ホットパックは巷にほとんど無いものです。

10分前後温めてから
再度、膝のチェック!
凄いポカポカ!

歩いてもらうと・・・
膝が痛く無い!とのこと。
良かったです!

あとは、膝がランニングして痛みがどうか
それと、予防のために引き続き通院されるとの
ことです。

冷え性にはぜひ、この動画を見てください。

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼