整骨院での通院間隔ってどれくらいなの?お答えします!

患者様のお悩み

20代のショップ店員さん
中腰姿勢になることが多く、
なんどもギックリ腰、
慢性腰痛に悩まされているそうです。

要は、
今の仕事を続けて行くには、
腰痛と戦っていかなければならない
現実がそこにあります。

こういうケースって非常に多いんですよね。
でも、仕事って
簡単にやめられないじゃーないですか。
しかも好きな仕事ならなおさら・・・

そうなると、
体のケアって必須ですよね。
ちなみにケアっていうのは、
マッサージではないですよ。
ケア = マッサージという
安易な発想はNGです。

マッサージでケアできるなら、
私もそう言ったケアを推奨しますけどね。
人の体ってそんな単純なものでは
ありません。
話が外れてしまいますので
ケアについてのお話はまた今度お話します。

ところで、ギックリ腰の通院間隔は?

そもそも
通院間隔ってどれくらい?
疑問に持たれている方、
非常に多いのではないかな〜と思います。

目安として、
急性症状(ギックリ腰を含む)なら
出来るだけ通院頻度を上げる。
毎日が望ましいです。
ギックリ腰の再発率はとても高いし、
良い日、悪い日を繰り返しながら
徐々に良くなりますからね。
早く治りたいなら通院間隔を狭めることです。

それから、週二回
1週間に一回
2週間に一回
という形で、ペースを開けていきます。

よく、
一回でギックリ腰が治りましたっ!
って、ありますよね。
当院でもありますけど、レアです。

もし、他院で見かけてもそれは
「嘘」もしくは・・・
「ギックリ腰ではない人」・・・
「レア」・・・

これのどれかですから
惑わされないように注意が必要です。
そんな一回で治せるテクニックがあるなら、
私は100万円出しても
教えて欲しいって思っちゃいます。

どうしたら良い?ポイントは?

ギックリ腰の場合、
マッサージは禁忌です。
アイシングして大人しくしていることが大切ですが、
そうも言ってられない場合は
当院へご相談ください。

ちなみに、
ギックリ腰の場合、
再発率高い理由わかりますか?

それは症状のみ
抑えよう、治ればオッケーと、
安易に考えてしまう人が多いからです。
症状を追っかけていっても
根本の部分は治ってないですから
繰り返されるのです。

それと、根本って・・・
治療家の皆さんは安易に考えすぎていると、
私は思っています。

何を持って根本なのか?
その根本に対して、
適切なケアが出来ているのか?

私もまだまだ発展途上ですけど、
根本は何で、
その根本に対して向き合ったケアが
出来ているのか・・・
患者様も一緒に考えないといけません。
それは、私の体ではなくて、
あなたの体ですからね。。。

まずは体の教科書見ることから
スタートしましょう。

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼