あれっ?首が痛くて回らない!首コリ?寝違い?2つの改善法

患者様のお悩み

一番訴えられるケースが寝違いです。次に首コリ!

寝違いはヒドイと、首が回らなくなりますよね。
首コリは、ヒドイと顔を動かすだけで痛いと言う話になります。

どちらが大変か・・・
私の経験上、首コリのヒドイケース。

頭を少し動かすだけで痛いんですよ。具体的に言えば、歩いている振動だけで痛いんですよ。なったことある人にしかわからないと思いますが本当辛いものです。

寝違いが多い人は、首コリへなっていく傾向にありますから注意が必要です。
今回40代後半のOLさんが首コリのヒドイケースで来院されました。
前から寝違いが多く、首が凝っている感じがあったそうです。
それからお昼が終わった辺りから首コリを強く感じて、そこからさらに悪化・・・
最終的には首が回らなくなり、椅子から立ち上がるだけで首に激痛が・・・

なぜそうなるのか?

寝違いや首コリが多いケースの特徴!
顔が前に行っている姿勢が多いこと!

ストレートネック、フォワードヘッドとも言います。
顔が前に行くことで・・・
ストレートネック → 本来ある首のカーブがストレートになる
フォワードヘッド → 頭の位置が胴体の上に乗ってない。前方へシフトしている
上記のようになっています。

ではなぜ、ストレートネックやフォワードヘッドになるのか?
それはまず、目線に注目して見ましょう。
あなたの目線は常に真っ直ぐですか?
それとも斜め下を見てますか?

目線によって顔や頭の位置がどうなっているのか?
そこに答えがあります。

どうしたら良い?ポイントは!

まずは目線ですよね。真っ直ぐな目線にするためには工夫が必要です。
机の高さ、椅子の高さ、枕の高さ、TVやモニターの位置、歩いている時の目線・・・

どうですか?まずはできることからやって見ましょう。
でも、全ては難しいですよね。そこでリセット法も知っておいた方が良いです。
リセット法とは、正しい頭や顔の位置を1時間に一回でいいから意図的に作ること!
正しい顔や頭の位置は掘り下げると奥深いものになり難しくなります。
簡単に出来ることとして、「顎を引く」まずはこれからやって見てください。

ちなみに顎を引いた時、二重アゴになりやすい人は特に要注意!
首コリのリスクは相当上がっていると思ってください。
理由としては、それだけ顔が前に行っている証拠で、首回りの皮膚が伸びきってしまっている可能性が高いと私は思っています。
当然、体重が多い人は二重アゴになりやすいのですが、それも考慮に加えた上でですが・・・

ぜひ実践して見てください。ぜひ解決のヒントとして動画をご覧ください。

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼