えっ!何故いきなりカカトが痛い!突然痛くなった理由と2つの解決策

患者様のお悩み

「歩いていたら急にカカトが痛くなりました。。。」
40代女性の患者様です。

今まで痛くなかったのに何故?
私は必ず、何故痛くなったと思いますか?と、お聞きします。
多くの方がわからないか、歩き方が問題?という解答が多いんです。

もし、歩き方が問題だとしたらどんな歩き方が正しい歩き方だと思いますか?
この問いに答えられる人は、ほぼいらっしゃいません。
それはそうですよね。それがわかっていたら痛くならなかったかもしれないのですから。

歩き方が問題だとして、それを改善することが痛みの改善に繋がるということをお伝えしても、患者様からの目線で言えば・・・とりあえずなんでも良いから早く治して欲しい・・・こういう感情になります。それはカカトの痛みに限らず他の痛みでもそうなんですよね。

でも、そう簡単に行かない現実も正直あるんですよね。
ちなみに、治さないで沢山通わせようなんて姑息な手は使いませんので安心してください。私は出来る限り全力で対応します。

何故そうなるのか?

私はカカトの痛みのポイントとして、
・靴の問題
・足の問題

まずはこの2つ。
靴は単純に、自分の足に合っているか・・・
足はどこに体重がかかっているか・・・

靴はサイズ的に大きい靴を履いてしまう傾向にあります。
サイズが大きいと靴の中で足が遊んでしまい、不安定感を生じます。これが足の痛みになる可能性はとても高いのです。それとサイズで見る場合、長さがで見るのか横幅で見るのか・・・多くの場合、縦の長さで見ますよね。横幅は置き去りになっていませんか?横幅もとても重要なのですよね。全体的な評価で言えばフィット感と言いましょうか・・・それがポイントです。

もう1つ
足を見たときにタコがどこにあるか。。。
そのタコや皮が硬い場所をチェックして、そのポイントが荷重がかかりやすい部位になります。当然、指の形状、足の形状もチェックします。それによりどんな歩き方をしているのか推測がしやすくなります。歩き方以外でも立っている時はどこに負担がかかっているのかも重要ですよね。

どうしたら良いポイントは?

解決策としては2つ

1つは上記に書いたように靴選びがあります。
どんなに改善できる手技や治療を施したとしても、靴が問題ならそこを変えない限り改善はできないでしょう。

もう1つはアイシングが必須です。冷やすことで痛みの物質が抑制されると言われています。特にカカトは脂肪組織が多いためある程度ガッツリ冷やしてあげた方が良いです。
ただ、低温火傷には十分注意してくださいね。

当然、それでは根本的な解決にはなりませんので、繰り返します。
ですから痛みが取れればOK!ではなく足自体がどうなっているのか当院へご相談ください。
一つカカト痛にもオススメのエクササイズもご活用下さい。

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼