実は顎関節症が頭痛の原因!整骨院だからこそできる3つの解決策!

患者様のお悩み

頭痛と言えば、肉体的な問題で起きるか、精神的な問題で起きるかの代表格に当たりますよね。

肉体的な問題ですと。。。
・猫背姿勢
・フォワードヘッド(顔が前にいく)姿勢
・顎関節症

精神的な問題ですと。。。
・深い心配や悩み事
・恐怖や不安感
・興奮状態、不信感

まだまだあると思いますが、問題は多種多様にありますよね。
そこでいつも思うのですが、病院へ行ったとしましょう。きっと痛みを抑えるために「痛み止め」というお話になるでしょう。

確かに痛みがあるわけですから、痛み止めという話になるのはわかるのですが。。。
完全な問題解決になっているのかと言えばそうではない。。。

そこで、医者を責める自分が前はいました・・・
問題解決になってないと!!!!

でも、ちょっと待ってください。
そこで医者を責めるのも間違いではないか。。。と、最近思うようになってきました。
だって、お医者さんって痛みをどうにかする仕事ですから間違っていない。それで良いと思います。

ですが、私は私として痛みに対して根本原因を突き止め解決したい。
それで良い。

そう思ったとき、何ができるか色々な視点で症状を見ること。。。
そうすると顎関節症がもしかしたら頭痛かも!
という推測が成り立ちました。

なぜそうなるのか

顎関節には大きく4つの筋肉が顎関節に関わっています。
その4つの筋肉、実は頭を構成する筋肉でもあるわけです。
頭を構成する筋肉とは、頭に関わる神経や血管と繋がりがあるということです。
ですから、頭痛と顎関節の繋がりは常に見ていく必要があるんですよね。

私が顎関節に関わる筋肉をチェックすると圧痛点が沢山出てきました。
それが顎関節症からくる頭痛という1つ答えになりました。

どうしたら良い?ポイントは?

解決策としては3つ!
1)顎関節の体操
2)柔らかいものばかり食べない
3)片側ばかりで噛まない

どうでしょう?
1)は、色々な方法がありますが、簡単にできることを1つご紹介します。
口を目一杯開けて、ゆっくり閉める。まずはこれからはじめて見てください。
口を目一杯開けて働く筋肉・・・それが頭の筋肉まで作用しますから、簡単にできる方法の1つです。あとは、イメージが大切です。口を大きく開いたときに頭の筋肉がそれに合わせて使われている!というイメージ。

最近私は、臨床の中で結果が出やすい人、出にくい人を調べています。
結果・・・要は「良い変化」が出やすい人はイメージ力が強いことに気がつきました。
これから、意識やイメージ作りをどう促して行けるか。。。。

ちなみの頭痛を抱えてらした患者様のお悩みは、
頭痛顎関節症共に症状が改善されました!というご報告を頂きました。

 

痛みや疲れ、不調が続いてツラい方は…
東新宿ソフィア整骨院で施術承ります

もしあなたがカラダの不調や痛み、疲れでお悩みでしたら
一度、カラダの相談・施術をしませんか?

ご予約・ご相談はこちらから▼